就任祝いで胡蝶蘭が選ばれる理由、送る際のマナー

SONY DSC

就任祝いには胡蝶蘭を送ることが多いですよね。それはいったいなぜなのでしょうか。ここでは就任祝いに胡蝶蘭がよく選ばれる理由や胡蝶蘭を贈るときのマナーについて紹介します。

なぜ胡蝶蘭が選ばれるのか

就任祝いなど、おめでたいときには胡蝶蘭の花が選ばれることが多いです。というのは、胡蝶蘭は花持ちが良いため、「末永く繁栄に続く縁起の良い花」という意味合いを持っているのです。特に取引先にお祝いをするのであれば、相場は30,000円から50,000円と言われているため、胡蝶蘭は予算に合った贈り物と言えるでしょう。もしも社内で上司に送るのであれば、20,000円から30,000円で問題ありません。基本的には10,000円から30,000円の胡蝶蘭は大切な人に贈るサイズとして適切です。特別な付き合いがある人の就任祝いであれば、50,000円以上のものを選ぶようにしましょう。

また、胡蝶蘭の色は白が定番とされていますが、ピンク色などでも問題ありません。大輪の胡蝶蘭もありますし中大輪の胡蝶蘭もあります。小さいサイズのものもあり、その場に合わせて選ぶと良いでしょう。

胡蝶蘭を送るマナーについて

就任祝いは相手の新しい門出をお祝いする大切なものですから、マナーを守ってプレゼントしたいものです。特に胡蝶蘭というのは風通しの良い場所、直射日光が当たらない状態など、極めて繊細な環境を必要とします。また、就任祝い等のお祝いはタイミングが大切ですから、間違いがないように届けたいものです。

就任祝いでプレゼント送るのであれば、就任してから1週間以内に届くように送ることが大切です。また、もしも取引先などに送るのであれば、先方に胡蝶蘭が届く日時なども伝えておきたいものです。そして胡蝶蘭は場所を取るものですから、事前にスペースがあるかどうか確認しておくことも大切です。また、もしも都合により就任前に送りたいということであれば、自宅に送った方が良い場合もあります。就任した後であったとしても、自宅に送ったほうが好都合ということであれば自宅の住所を確認しておきましょう。

そして胡蝶蘭を送る場合、これは就任祝いですからきちんとラッピングをすることが大切です。就任した張本人に好きな色などがあるのであれば、その色を利用してラッピングしても良いでしょう。もしも胡蝶蘭をオフィスなどに置いてもらえるのであれば、オフィスの雰囲気に合わせたラッピングを心がけることも大切です。

また、就任祝いに胡蝶蘭を送る場合のマナーとして、立て札かメッセージカードを添えることも大切です。フォーマルな個人ギフトならば紙でできた立て札で問題ありませんが、法人の場合には木札を使うようにしましょう。お祝いの内容と届け先の会社、役職、名前を記載することが必要です。ご就任祝い等と書けば問題ありません。

胡蝶蘭を送るときに心がけるべきこと

就任祝いに胡蝶蘭を送る時、特に取引先等に胡蝶蘭を送るのであれば、見劣りしないようなものを選ぶことも大切です。就任祝いには初あちこちから胡蝶蘭が届くことがありますので、見劣りしないようにしなければいけません。また、小さなもので花の本数が多いというものより、花の本数が少なくても上質なものの方が喜ばれる傾向にあります。

例えば、花の一つ一つが大きいということ、空気が長くひと房に16輪以上の花がついていること、そして2、3ヶ月咲き続けることができることが大切です。この3つの条件が揃った胡蝶蘭は極めて上質なものだと言えるでしょう。

また、先ほど就任してから1週間以内に送ることが大切だという話をしました。しかし、人事異動というものは4月頭に行われることが多く、胡蝶蘭などの花の注文が殺到するため、お店が込んでしまうことも考えられます。そうなるとせっかく時期に合わせて注文遅れてしまうということがありますので、就任祝いの胡蝶蘭を送るのであれば、出来る限り早めに手配するということも大切です。

また、就任と一言で言っても様々なケースがあり、先代の役員がまだ在職している場合、先代の役員に不幸があって交代しなければならなくなったなどという場合、手放しで就任祝いをするという事はお勧めできません。そのような場合は早めに就任祝いの挨拶を済ませ、改めてお祝いの品を送る、という配慮することが大切です。お祝いは早ければ良いというわけではありません。

さらに実際によくある間違いですが、就任祝いの役職名を絶対に間違えないようにしなければいけません。さらに宛名書きも同様です。名前や役職名を間違えてしまうと信頼を損ないかねませんし、今後の良い関係が築きあげられない可能性もあります。ですから名前や役職名に関してはしっかりと確認して間違いがないようにしなければいけません。疑問がある場合は取引先の会社などに確認することも大切です。また、花の送り方に関してはお店に聞いても良いでしょう。お店はプロですから、送り方に関するマナーを心得ているはずです。