絶対喜ばれる開店祝いの贈り方

なぜ胡蝶蘭が開店祝いに最適なのか

胡蝶蘭が開店祝いに良い理由は多くあります。
多くある最適な理由の中からいくつか抜粋してご紹介していきます。

1.お店を華やかで明るい雰囲気にしてくれる

胡蝶蘭はその高級感からお店を華やかに演出してくれるインテリアとして重宝します。
開店時は元より開店後もインテリアとしてそのままお店の雰囲気を華やかにすることができます。
人が多く集まるお店には最適な開店祝いですね。

2.胡蝶蘭は香りが少なく花粉もほとんど無い

胡蝶蘭はその花の特性上香りがあまり強くありません。
この為香りに敏感なお客様に対して不快な思いをさせることはありません。
お店のアロマや香りを邪魔することなく華やかさを演出することができます。
胡蝶蘭は花粉もほとんど無い為大切なお洋服を汚してしまう心配もありません。
飲食店などの香りを大切にする開店祝いには胡蝶蘭はピッタリですね。

3.胡蝶蘭は縁起が良い

胡蝶蘭の花言葉はとても縁起が良く「幸福が飛んでくる」という花言葉なのです。
開店してこれから幸せを多く取り入れて発展していく開店時期にはとっても良いお花ですね。
更に胡蝶蘭の場合は鉢植えでの開店祝いが多いですよね。
鉢植えの花には「根付く」という意味もありますので胡蝶蘭の花言葉の「幸福が飛んでくる」と合わせて幸福が飛んできて根付いてくれるという、とっても縁起の良い意味となります。
開店祝いにピッタリなのが良く分かりますね。

開店祝いの胡蝶蘭の贈り方


胡蝶蘭を贈る際にはできましたら直接贈ると良いですね。
直接贈ることが出来ない場合は郵送などでもだいじょうぶですが贈るタイミングなどに注意しなければいけません。
胡蝶蘭を贈る際の贈り方によってはご迷惑となってしまう場合もあります。
贈るタイミングや注意するべきことをご紹介していきますね。

開店祝いの胡蝶蘭の相場

胡蝶蘭を開店祝いで贈る際には、贈る相手に合わせて胡蝶蘭の予算を決めて下さい。
開店祝いを贈る相手との関係性やお付き合いの深さで予算を決めると良いですね。
あまり面識のない相手へ高額な胡蝶蘭を贈ってしまいますと、かえって気を遣わせてしまいあまり良い印象を与えなくなってしまいます。
開店祝いで贈ったにもかかわらず嫌味な印象を与えてしまう危険もあるのです。
しかし、開店祝いを多く送ったことの無い人はどの程度の相場が正しいのか分かりませんよね。
その場合は胡蝶蘭を依頼するお店の人へ開店祝いとして贈りたいのですが一般的な相場はどのぐらいでしょうか?とお聞きして下さい。
開店祝いを贈る相手の情報も一緒に伝えることで相場を教えて頂けますよ。
お店の業種などにもよるのですが、一般的な相場としては1万円~3万円が相場となります。
この範囲内での胡蝶蘭であれば、嫌味にならずに素直な気持ちで開店祝いを贈ることができます。

開店祝いを贈るタイミング

胡蝶蘭を開店祝いとして贈る際には開店の当日にお祝いの言葉と共に贈ると喜ばれます。
ご自分で開店祝いを贈る際にはその旨と来店する日時をあらかじめ相手の方へ伝えることが親切です。
相手とのすれ違いや間違いがなくスムーズにご対応して頂けますので安心できます。
開店の当日は相手の方もとても忙しくお店自体も慌ただしくしていることも多いため連絡無しで胡蝶蘭をお届けしてしまいますと胡蝶蘭を置くスペースが無く、かえってご迷惑となってしまうこともあります。
先にお伝えすることで胡蝶蘭をインテリアとして飾るスペースを設けることができますので開店祝いを持ち込んだ際にスムーズにすぐに飾って頂けます。
必ず相手に開店祝いとして胡蝶蘭を贈りに行く旨を伝えて下さいね。
ご自分で直接贈ることが出来ない場合は開店当日では無くて開店の前日までに届くように手配すると相手に配慮できて良いです。
開店当日や前日は何かと忙しく2日前にお届けできるのが理想ですね。
ただし、あまりにも早い段階での開店祝いは逆にご迷惑となってしまうだけでなく開店当日に枯れてしまう事になる可能性もありますので2日前もしくは前日にお届けできるのが理想です。

開店祝いのマナー・タブー


胡蝶蘭の鉢植えを開店祝いとして贈る際に気を付けなければいけないマナーやタブーがあります。
胡蝶蘭以外でも考えられるマナーやタブーと共に覚えておきましょう。
メッセージカードを書く際には開店祝いとして忌み嫌われる言葉があります。
文脈に関係なく開店祝いとして使ってはいけない言葉をご紹介していきます。
開店祝いとしてタブーな言葉として火事を連想させる言葉は使ってはいけません。
例えば「焼く」「燃える」「火」「赤」「煙」など火事を連想させてしまう言葉はたとえどのような職種の開店祝いとしても使ってはいけません。
メッセージカードを添える場合は必ず書いた後に確認をするようにして下さい。
他には経営難を意味する言葉なども忌み嫌われますので使わないようにして下さい。
例えば「傾く」「倒れる」「敗れる」「散る」「負ける」「失う」など経営難や経営不振を連想させてしまう言葉は使ってはいけません。
簡単で結構です素直なお祝いの言葉をチョイスしてその気持ちを伝えて下さい。
この連想させる言葉はメッセージカードだけではありません。
ラッピングの際にも注意して下さい。

例えばラッピングの際に赤一色のラピングは開店祝いとしてはタブーのラッピングとなり忌み嫌われます。
赤は火事を連想させますので開店祝いには向いていません。
一見すると赤は華やかに見えるのですが赤一色のラッピングがダメなのです。
赤を織り交ぜて他の色を使い華やかに見せるラッピングなら良いのですが、火事を連想させるようなラッピングはいけません。
ラッピングをする際に迷った時にはお店の人へ開店祝いとして贈りますと伝えることで最適なラッピングをしてくれます。
他には贈る相手のお店のテーマカラーを把握してテーマカラーに合わせたラッピングが良いですね。
可愛いいラッピングのままお店の雰囲気に合っていれば飾って頂けますし何より喜ばれます。
他にもマナーやタブーはあります。

誰からの開店祝いか分かるようにする

開店祝いを直接贈る際にやってしまいがちな事が立札を忘れてしまう事です。
お見せに依頼をして設置してもらう際には誰からの贈り物なのかを把握するための立て札を必ず設置するのですが、自分自身で直接開店祝いを贈る場合には設置する際に立札をつけ忘れてしまうことも多いです。
この立て札が無ければいったい誰からの開店祝なのか把握する事が出来なくなってしまいます。
折角開店祝いをしたにもかかわらずあなたからの開店祝いとして伝えることが出来なくなってしまうのです。
場合によっては開店祝いでは無くお店が用意したインテリアとさえ思われてしまうこともあります。
開店祝いの立て札は自分自身や自分の会社をアピールする場所でもあります。
開店祝いには多くの人が訪れます。
この時に立札によってあなたの事をアピールするきっかけとなります。
新たな商談やあなたにとってのメリットとなるきっかけ作りにも役立つことになるのです。
立札は忘れずに必ず付けるようにして下さい。

・まとめ
開店祝いとして贈る際には相手に対してご迷惑となる方法ではいけません。
贈った相手が喜んで頂けるようにしなければいけません。
開店というのはとても喜ばしい事で華やかな雰囲気に包まれるのですが、その反面今後のことを考えて不安や緊張が同時についてきます。
この気持ちを少しでも和らげ今後の発展の手助けとなる開店祝いとなると良いですね。
その為にもマナーと相場を理解して相手に合った胡蝶蘭をあなたなりのお祝いメッセージを添えることでお互いの関係性も良くなり今後も良い関係性を築くことができます。
不安と緊張を喜びに変えることの出来る胡蝶蘭を贈れると良いですね。