上場祝いの贈り方

上場祝いの花を贈るときは、上場当日に届くように送るのが一般的です。上場当日にはたくさんの花が送られてきますので、なるべく早い時間に届くようにしたほうがいいでしょう。上場の式典が開催される場合には、式典の始まる2時間前までには到着するように手配しましょう。

上場祝いの記念日はそうそうあることではありませんので開業祝のときよりも豪華にするほうがいいでしょう。上場祝いには3万円以上の花を贈るのが一般的です。他とは差をつけたい場合やパートナー会社などということであれば5万円以上の花を贈るのがお勧めです。

立札には、「祝」、「祝 上場」、「上場祝い」、「上場御祝」などと書くのが一般的で、送り主の名前を入れます。たくさんのお祝いが届くので、送り主の名前はできるだけはっきりと記入したほうがいいです。個人で送る場合は送り主の名前のみ記入します。送り主が複数いる場合は「友人一同」といった表記や全員の名前を連名で入れます。法人で送る場合は送り主の会社名と代表者名を入れます。会社名のみ入れても、代表者名のみ入れてもどちらでもいいです。

贈る花はできるだけ豪華な花のほうがいいので、胡蝶蘭の大きな鉢や、豪華で人目を引くスタンド花がいいでしょう。できるだけボリュームがあるほうがいいです。胡蝶蘭は上場のお祝いとしてだけではなくその後オフィスに置くインテリアとしても役に立ちます。水やりも週に1回程度ですみますので送られた方も手入れが簡単で助かります。

スタンド花とは足の付いたスタンド型の花器に花を生けたもので1段のものと上下2段になっているものがあります。スタンド花の場合はあまり大きすぎても置く場所に困りますので、置く場所や会社の雰囲気に合わせたものを贈るようにするといいでしょう。
ページの先頭へ トップページへ